二重整形の相談が可能【申し込み方法は簡単】

切開法と埋没法の違い

目

双方のメリットを知ろう

二重整形には埋没法と切開法の二種類のやり方があり、それぞれ施術の手順やダウンタイムから回復するまでにかかる期間が大きく違います。まずメスで切開せずに二重にする方法の埋没法は、医療用の糸でまぶたを縫い合わせて二重を作るやり方です。施術方法にはいくつか種類があり、耐久性や施術後の回復の度合いが違うのでよく確認してから受けるようにしましょう。ちなみに基本的にどの埋没法も患部を数か所縫合するだけなので、術後のダウンタイムが切開法より短くてすむのが特徴です。また埋没法は抜歯の必要がないため、切開法より通院の回数が少なくてすむメリットもあります。一方の切開法は、メスを使うためしっかりした二重のラインを作ることが可能です。施術後は半永久的にその状態を保つことができるため、メンテナンスの手間が最小限ですみます。ただし切開してまぶたの脂肪を取り除いたりするので、埋没法よりダウンタイムの期間が長くなることを覚悟しておきましょう。切開法の二重整形は部分切開法と全切開法の二種類あり、いずれも施術にかかる手間と時間が異なります。こちらは埋没法とは違い施術した後は元に戻ることがないため、効果を長期間持続させたい方にはうってつけの方法です。埋没法と切開法のどちらの二重整形を選択することになるかは、体質や求める結果によって違います。たとえばまぶたの皮膚の厚い方や目がくぼんでいる方は、埋没法に適していません。また目の筋肉の力が弱い方やアレルギーで目をこする癖のある方、さらには二重の幅が広い方などもこの方法で施術しても元に戻ってしまう可能性があります。こんな方ではせっかく縫合しても後から糸が緩んだり切れたりしてしまい、元通りになってしまうことがあるからです。埋没法はやり直しもできますが、治してもいずれまた同じ状態になるのでは治療する意味がありません。そんな理由からカウンセリングの結果まぶたの状態からして向いていないと判断されれば、切開法をすすめられることがあります。もちろん医師から切開法をすすめられたとしても、必ずそれに従う必要はありません。あくまでも施術法の最終決定を下すのは自分自身になるので、埋没法にこだわるのであればそれを選んでもいいわけです。元に戻りやすいとはいえ、埋没法も決して悪い方法とは言えない部分があります。すぐに戻せる点を逆手にとって、お試し用にすることもできますし切開法をするまでのつなぎとして利用することも可能です。なんにせよ利用する方のニーズによってメリットが違ってくるので、そこはよく考えったうえで二重整形の方法を選ぶべきでしょう。