二重整形の相談が可能【申し込み方法は簡単】

メスを使わないから安心

カウンセリング

プチ整形で二重になろう

美容整形で一重まぶた・奥二重をクッキリとした二重まぶたに変えたいけれど、顔にメスを入れるのに抵抗を感じるという人も少なくないようです。美容整形といえばメスを使うと連想されてしまいますが今、美容外科クリニックでは施術箇所問わずメスを使わない、いわゆるプチ整形が人気を集めています。二重整形も例外ではなく「埋没法」という、全くメスを顔に入れない施術法が行われており、手軽に目元の印象を変えられるとして多くの患者さんに選ばれています。埋没法という二重整形は、まぶたに針穴を開けて医療用の糸を通し、皮膚の内側に結び目を作ることによって、二重のラインを形成する施術法です。針穴を開ける必要はありますがメスで、まぶたの皮膚を切開したり縫合したりするといった、大きな手術は行いません。まぶたに糸を通すだけの簡単な施術法ですので、今まで美容整形にチャレンジしたことが無い人でも、ハードルが低く感じられるのではないでしょうか。施術を行う際はまぶたに麻酔クリームをぬってから、局所麻酔を施すので糸を通す時にも痛みを感じることはありません。施術時間もとても短く、麻酔が効いてからまぶたを糸で固定しラインを作るまでの時間は、わずか10分程度です。メスを使わない・施術中の痛みの心配が無い、そして施術時間が短いとメリットが多いことから、埋没法は人気を集めているのです。メスを使わない手軽なプチ整形として人気の「埋没法」ですが、初めて施術を受けるという人の場合、施術後に痛みが出ないか不安に感じるのではないでしょうか。施術中はしっかり麻酔が効いているので、全く痛みを感じることはありませんが、もし麻酔が切れた時には強い痛みが出るのか気になるところです。プチ整形の埋没法であっても施術後、麻酔が切れてしまった後は個人差があるものの、痛みを感じるかもしれません。ただし、痛みが出るといっても市販されている痛み止めを服用すれば、気にならなくなる程度ですので安心しましょう。メスを使う二重整形・埋没法、どちらの施術を選んだとしても、施術後にはダウンタイムという期間が訪れます。ダウンタイムとは美容整形後、施術部位に腫れや痛みとった症状が現れる期間のことで、美容整形を受ける上でダウンタイムは必ず考慮したいポイントです。埋没法の場合、施術後に腫れが出ることがありますが、1週間もすれば目立たなくなるので他の二重整形と比べると、ダウンタイムはかなり短めとなっています。ダウンタイムが短いというだけでなく埋没法は、施術後比較的早くにメイクができるようになるという点もポイントです。ファンデーションでのメイクは施術当日か施術1日後から、アイシャドウでのメイクは施術後2日から3日で行っても良いと、指示するクリニックが多いようです。