二重整形の相談が可能【申し込み方法は簡単】

腫れが目立ちにくいです

一重瞼は暗い印象を与えてしまうので、コンプレックスを持たれている人が多く、美容外科のクリニックで二重整形を受けたい人が増加しています。美容外科のクリニックでは埋没法や目頭切開などの二重整形の施術が受けられます。

明るい目元にする整形

医者

施術前日はむくみに注意

二重まぶたの人が多い欧米人に比べて日本人は半数以上が一重まぶたです。これはアジア人全般に言える特徴の一つですが、二重になりたいと望む人は多いのです。二重だと目元がはっきりして明るい表情になります。それに対して一重だと無表情に見えたり不機嫌そうな印象を与えたりすることもあります。それを改善するため女性だけでなく男性も二重整形をする人が増えてきたのです。二重整形をする前日はまぶたがむくんだりしないように注意することが必要です。まぶたがむくんだ状態で整形手術をすると術後の効果にも影響する場合があるからです。むくみは睡眠不足や過度の飲酒などで起こります。また食事で塩分を摂り過ぎるとそれを中和するために体内の水分が使われ、それが原因でむくみが出る場合もあります。そのため整形の前日はむくみを予防するため、十分な睡眠をとりアルコールや塩分を控えることが大切です。申し込み方法は簡単で、整形希望日をクリニックにインターネットや電話で予約をするだけです。施術当日は体調チェックのほか、なりたい二重まぶたの形や幅などを医師と相談します。その時に施術方法や費用などの説明もあります。これらが終わったら局部麻酔をかけて二重整形の施術が始まります。美容外科クリニックで二重整形をする場合、施術方法によってそれぞれ費用は異なります。お手頃なプチ整形として知られている埋没法は、糸で留めて二重まぶたをつくることができます。そのほかにまぶたの一部を切開する部分切開と全体を切開する全切開という二重整形もあります。全切開は本格的な二重整形で、半永久的な効果が期待できます。費用はクリニックによって異なりますが、埋没法の場合相場は数万円から10万円前後となっています。全切開は10万円から20万円前後となっており、半切開はこれより幾分相場が低くなっています。二重整形は医師の技術や知識などによって仕上がりも違ってきます。そのため評判がよく実績のあり、腕の優れた医師に治療を受けることが大切です。また技術の高い医師の場合相場より費用も少し高めとなることがあります。評判のクリニックや医師はインターネットの口コミやランキングなどで見つけることができます。またクリニックのホームページなどで医師の経歴や過去の症例写真、実績など詳しく載せているクリニックなら安心して利用できるはずです。信頼できるクリニックは患者の立場になって考え、料金設定も明確で無理に整形を勧めるようなことはしません。

目

切開法と埋没法の違い

二重整形には埋没法と切開法があり、それぞれ異なる特徴があります。埋没法の方がダウンタイムが短く施術も簡単ですが、切開法なら半永久的に効果を持続させることも可能です。どちらを最終的に選択するかは自分自身なので、よく考えて選びましょう。

カウンセリング

メスを使わないから安心

二重整形の中でもプチ整形と言われる埋没法は特に人気です。顔にメスを入れないので、手軽に受けられます。またダウンタイムが短く、施術後2日から3日程度でアイメイクも行えるため、仕事をしている女性も施術を受けやすいでしょう。

医者

美容整形で二重になる方法

美容整形を利用することによって完璧な二重を手に入れることができます。二重整形はメスを使う切開法と糸を使用してまぶたを留める埋没法の二種類に分類されます。まぶたの形状によっても向いている施術が異なるので医師と相談しながら手法を選びましょう。